Analog ⇒ Digital

スキャン代行サービス

情報の共有化は紙文書の電子化から

​名刺から図面まで

スキャン対応サイズは、最大A1判までです。
製本されたパンフレット、カタログ冊子、書籍、契約書などの見開き文書については、破壊または非破壊(背を断裁する断裁しない)の、ご要望に応じた作業をいたします。

​バラバラでもオッケー

サイズがバラバラでも、もちろん問題ありません。​ホッチキス止め、付箋、クリップ、紐綴じ、バインダーファイルの書類も、ていねいに外し​スキャニング。原本返却時には​、元の状態に戻した納品の品質を保証いたします。

無料で事前にお見積り

ご注文の際に、何ページ分の紙があるのかと数えなくても大丈夫です。バインダーなどにファイリングされているものは、いったんバインダーから外してから紙枚数計算機にてカウントしますので、信頼性の高いお見積りができます。​

格安OCRサービス

スキャニングした電子ファイルを活用するためには、OCR化(スキャンした文字画像を検索やコピーができるように機械的に処理)が必須です。​標準ソフトからハイスペックソフトでの自動処理、人による突合編集まで対応いたします。

「PCで作成した文書も印刷する」「社内情報の共有化が進まない」「電子文書の活用度が低く、頻繁に行方不明に」
ボトルネック(阻害原因)はどこにあるのか?

​仕事を抱え込む

営業社員が、担当する顧客情報を社内で共有しない。また、ベテラン経理担当者が仕切っているので、何をするにしてもお伺いを立てる必要が…。

PC操作が苦手

昔気質な仕事を好む社員は多いが、会社は問題なく回っている。ただ、既得権益への固執が強く、新しい取り組みには常に否定的な姿勢だ。

ハンコ大好き

​稟議書、出金伝票、取引先への発注書や請求書など、ハンコを押してこそが常識となっていて、しかもメールよりもファクスがメインなんです…。

整理・整頓下手

文書管理のルールを決めても「守らない・守れない・守りたくない」人がいて困っています。高額なシステムを導入したのに、もったいない…。

手が回らない

紙書類が膨大にあり、どこから手をつければよいのか…。スキャンの単純作業に時間をとられるっていうのも、どうなんですかね~。

3499676_m.jpg

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)

​プロフェショナルサービス

​BPOとは、放送倫理…ではなく、業務委託または業務代行のことです。
最近は、なんでもカタカナ英語や3文字略語にする傾向がありますね…。

それはさておき、定期、不定期に発生する文書スキャニング作業を、貴社の「紙文書(を)電子化(する)作業部」として担当をいたします。

スピード対応

​ご依頼される量や内容にもよりますが、最短で2営業日で当社から発送いたします。

生産性向上にお役立ち

スキャニングしたデータのフォルダ整理、文書ファイルのID付け、文書管理システムなどとの連携処理も承ります。検索性や活用度を上げ、業務効率化を図るためにも、是非ご利用ください。

文書管理の維持と管理をサポート

文書の電子化は、継続性をもって処理していくことが大切です。そのためには文書管理規程の策定は必須ですが、ルールづくりは終わりではなく始まりです。紙文書を溜めない、適切な処理を継続していくための意識を醸成させていくアドバイスをいたします。

料金イメージ

◇2万円の概算料金の条件例

 ⇒A4・B4文書保存箱/左写真

  (内寸:幅394×奥行324×高さ291mm)

 ⇒一箱にA4書類がおおよそ2000枚収納

​ ⇒すべてペラ(一枚)もの

 ⇒すべて片面スキャン

---参考---

いわゆるコピー用紙(PPC用紙)一枚の厚さは一般的に64g/㎡ベースで約90μ(ミクロン)=0.09mmです。つまり、100枚重ねた場合は厚さが9mm(0.9cm)になります。

​そのことから考えると、写真の箱には、A4用紙を約4000枚(~最大6000枚)ほど入れることができます。

しかし、実際にはバインダーに綴じたり、ホッチキス止めなどがされているなどのことから、一箱に保管されているのは、おおよそ2000枚程度の想定でご案内しております。

業務資料

報告書、経理書類、証書、証明書、契約書など。
社外への持ち出し不可書類の場合は、機材持ち込みで出張スキャンをいたします。
​ペラ(一枚)もの
ADF(自動紙送り装置)使用
10円/300dpi/A4,3判片面

冊子・契約書

断裁スキャン、断裁不可スキャンに対応。

フラットヘッド使用

30円/300dpi/A3判見開き

図面・書籍

A1判までスキャン。折り製本図面、観音製本図面の断裁不可にも対応。

​250円/300dpi/A1判

スキャン代行無料お見積り

保管されている書類が、何枚あるのかがそもそも不明

​という場合は、まずはお電話でご相談ください。

03-5272-5425

​10:00-12:00,13:00-17:00(平日)

スキャン代行料金のご案内

​スキャン作業の料金だけでなく、文書情報システムの導入を前提としたファイル整理の業務についてのご案内もございます。

​また、定期的なスキャン代行の場合は、お値引き対応もいたします。

​※東京近郊

© 2020 Dataagent Corp.

株式会社データエージェント